片思いは頑張るほどダメになる。恋愛が上手くいくシンプルな5つの法則

 

「こんなに頑張っているのに、どうして両思いになれないんだろう?」

 

片思い中の女性の多くは、このような悩みで苦しんでいるのではないでしょうか。

 

 

佐藤佐藤

頑張れば頑張るほど、相手は素っ気なくなってしまいます・・・

婚活マスターみゆき婚活マスターみゆき

片思いは頑張れば頑張るほどダメになるのには理由があります。
詳しくみていきましょう。

片思いは頑張るほどダメになる5つの理由

1.押し売り感が出てしまう

片思いでも、相手の事を純粋に想う気持ちはとても素敵な事ですし、
片思いだとしても人を好きになれるあなたは、とても愛情深い魅力的な女性です。

しかし、あなたがどんなに魅力的で美しい女性であっても、
片思いは頑張れば頑張るほど、相手にはプレッシャーを与えてしまうのです。

片思いで頑張るということは、「あなたが、彼とお付き合いしたいが為に頑張る」という
ことですよね?

あなたを失礼ながら、八百屋の「りんご」に例えて考えてみましょう。
彼は、八百屋に来たお客さんです。

彼は、人参とじゃが芋を買いに来て、特にりんごを欲している訳ではありません。

それにも関わらず、あなたは

「このりんご、最高ですよ!買ってください!」
「このりんごを買わないと損ですよ!」

と必死にアピールしても、彼は「うざい」と思って、りんごも買わないし
八百屋にも近づかなくなることでしょう。

ですから、あなたが彼にしなくてはいけない事は「頑張る」事ではなく、
相手にメリットを提示する事です。

りんごを例に挙げれば、

「今、りんごがタイムセールで50%引きです。良かったらどうですか?」

「人参とじゃが芋。もしかして今日はカレーですか?
隠し味にりんごを入れると美味しいですよ。」

などと、相手の気持ちを考えつつメリットを提示する事なのです。

2.ネガティブな感情が大きくなる

先ほど、頑張れば頑張るほど、相手は押し売りされているように感じて
あなたから逃げたくなるとお伝えしました。

あなたは、相手に好きになってもらおうと必死に頑張っているのにも関わらず、
相手はどんどん離れていくので、当然、あなたは辛い思いをする事になります。

するとネガティブな感情が大きくなり、最悪の場合「うつ」状態に陥ってしまうことも少なくありません。

恋愛は楽しんでいるからこそ、あなたの魅力が最大限に相手に伝わるものです。

3.相手の気持ちが考えられなくなる

片思いで頑張れば頑張るほど、

「こんなに頑張っているのに、どうして振り向いてくれないの?」

どんどん相手に対する不満が出てきてイライラするものです。

しかし、相手からすると、あなたの気持ちなど知った事ではありません。

片思いをして頑張るのは、あなたが彼に振り向いて欲しいからで、決して
彼の為に頑張っているのではありません。

あなたが、あなたの為に頑張っているのに過ぎないのです。

そして、その頑張りに答えてくれない彼に勝手にイライラする事となり、
好きな相手の気持ちは徐々に考えられなくなっていきます。

人の気持ちを動かすのは「純粋な気持ち」です。

ですから、自分勝手な頑張りは、その逆をいく事になり片思いは片思いで終わってしまうのです。

4.自分が相手より「下」になってしまう

恋愛は、惚れた方の「負け」と言われるのは、
どんなにダメな男に惚れたとしても、あなたが最初に好きになったのであれば、
相手を「上」に見てしまうからです。

基本的に、男女ともに恋をするときは、
相手のことを尊敬したりして相手を「上」に感じた時です。

片思いでも、あなたが「好きになって欲しい」と相手をコントロールせずに
純粋な気持ちであれば上手くいくことが多々あります。

ですが、頑張れば頑張るほど、相手の顔色を伺ったりする事になるので、
相手からすると「自分より下のレベルの女」だと感じてしまい恋愛に発展しないのです。

最悪の場合は、都合のいい女で終わってしまうことも多いです。

 

 

 

では、実際に彼はあなたのことをどう思っているのでしょうか?

 

彼の本音がどうしても知りたい!という女性は、
以下のサイトもおすすめです。

 

彼の気持ちをズバリと教えてくれますよ。

彼の本音が知りたい…

そんな時は⇒Click

 

初回は無料で利用できるのでおすすめです。

 

片思いを頑張らないで両思いにする5つ法則

1.メリットを提示する

先ほど、片思いで頑張れば頑張るほど相手からすると「押し売り」に感じて
相手は逃げていくとお伝えしました。

相手に好きになって欲しければ、好きと好意アピールをし続ける事でも、
むやみにデートに誘う事でもありません。

片思いの相手にアプローチするときには、常に相手のメリットを考える事です。

では、相手のメリットを考えるとはどういう事でしょうか?

まず、彼が何を人間関係や恋愛関係に求めているのかを知る必要があります。

例えば、学生時代なら、可愛い女の子を連れて自慢したい。
趣味が一緒で一緒に趣味を楽しめる女の子が良いといったような事を求めるケースの方が多いかと思います。

しかし、大人になるにつれて容姿よりも、深い話ができる女性・尊敬できる女性・価値観が一緒など、
求めるものに変化が出てきます。

会社を経営している人であれば、違う世界を見せてくれる女性・ビジネスに役に立つ情報を与えてくれる女性
などをパートナーに求めていることもあるでしょう。

それぞれ、男性が求めるものを知るには、やはりしっかりとコミュニケーションを取ることです。

直接的に、どんな恋人が良いか聞かなくとも、
深くコミュニケーションを取る上で、相手が何を求めているのかは
自ずと分かってくるものです。

結婚を考えているような男性ですと、
パートナーに求めるのは

「ありのままの自分を認めてくれる」「男としてプライドを満たしてくれる」「弱い自分が出せる」
「一緒に居て落ち着く」「価値観が同じ」
などでしょう。

どちらにしても、相手にメリットを提示するには、「コミュニケーション能力」が必須です。

コミュニケーションを取ることで、相手が求めている事を知るだけでなく、
相手にあなたの魅力を伝えたり、メリットを提示することができます。

「相手にメリットを提示するなんてよく分からない!」

という女性は、とにかく好きな相手とコミュニケーションを取りましょう。

相手に好かれるコミュニケーションではなく、「どうしたら、相手は楽しんでくれるかな?」
という意識のもと会話していけば、徐々に深い話ができるようになります。

2.まずは友達を目指す

彼があなたに一目惚れでもしない限りは、彼があなたをすぐに好きになる事はあまりないでしょう。
特に、30代以降の男性は慎重です。若い頃とは相手に求める事も違っています。

恋愛をすると、直ぐに「恋人」になる事を求める女性もいますが、
そうして急ぎすぎると失敗してしまいます。

先ほどもお伝えしましたが、人が恋に落ちるにはまずコミュニケーションが大切です。

相手が、あなたに心を開いて深い話が出来るようになって初めて
恋愛のスタート地点に立ったと言っても良いでしょう。

あなたと彼が、友達のように気を使わずに会話できるようになる事を
まずは目標にしましょう。

3.言いたくない事を話させる

男性はプライドが高く、弱い自分を見せるとバカにされるだとか、
そんな自分は受け入れてもらえないだとか思うものです。

ですから、男性が自分の「言いたくない」話をあなたにするようになったら、
既に男性は、あなたに心を惹かれているという証拠でもあります。

では、相手に言いたくない事を話してもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

まず、コミュニケーションが苦手な女性は「自己開示」していきましょう。
自己開示とは、自分のプライベートな情報や、思った事・感情などを相手に
伝える事です。

ここで、自己開示がある会話とない会話の違いを見てみましょう。

自己開示なし

あなた:普段、どんな音楽聴くの?

相手:洋楽が多いかな。

あなた:特に誰が好きとかある?

相手:レッチリとかニルヴァーナとかかな。知ってる?

あなた:知ってるよ。ロックが好きなんだね。

それでは、自己開示ありの会話をみてみましょう。

自己開示あり

あなた:普段、どんな音楽聴くの?

相手:洋楽が多いかな。

あなた:そうなんだ。
私も洋楽が好きで、結構、ロックとか聴くんだよね。(自己開示)

相手:え!?そうなの?
じゃあ、レッチリとかニルヴァーナとかもしかして好き?

あなた:レッチリはよく聴くよ。この前、フェスで見て感動した。
(自己開示)

相手:マジでー!羨ましい。他にどんな音楽聴くの?

最初の会話でも、会話が続いて良い感じではあるかと思います。

しかし、2つ目の会話では自己開示した事で、会話がさらに盛り上がったのが
お分かりいただけたかと思います。

このように、自己開示を時折混ぜながら会話を進めていくと、
相手との関係が深まり、深い話ができるようになります。

4.純粋に「好き」な気持ちを大切にする

片思いをしていると、どうしても「早く相手と付き合いたい」と考えてしまい
相手をコントロールしたくなるものです。

ですが、好きで付き合いたいからこそ、相手をコントロールしようとする事をやめる事です。

人は最終的に、純粋な「好き」という気持ちに心を動かされるものです。

相手を純粋に好きという事は、その時、一緒にいられる時間を心から楽しむ・感謝する事です。

そして、相手が喜ぶ事や相手の気持ちを考えて彼に接しましょう。

5.素直になる

先ほど、純粋な「好き」という気持ちを大切にするとお伝えしました。

しかし、好きな相手には好きになってほしいという気持ちがどうしても出てきてしまうものです。

ただ好きだから、デートに行きたいと思って、素直に相手をデートに誘える女性は可愛いです。

しかし、問題は相手をコントロールしようと「好き避け」してしまう女性です。

本当は、好きな男性に笑顔で接したい。もっと、たくさん話たいと心で思っていても、
拗ねた顔で接してみたり、わざと他の男性と話してみたりしてはいないでしょうか?

自分の気持ちに天邪鬼になればなるほど、片思いは片思いのまま終わってしまいます。

純粋にただ好きでいるのなんて難しい。好きになって欲しいと考えている女性は、

まず「素直」になって行動する事です。

素直な気持ちは「純粋な気持ち」に繋がっています。

片思いを両思いにしたいと願うなら、素直になることが大切です。

片思いは頑張らない。素直になる。

片思いは、頑張れば頑張るほど上手くいかなくなります。
そして、相手の気持ちが離れれば離れるほど、辛くなり
相手に当たったりして嫌われるケースも少なくありません。

片思いは頑張ることではありません。あなたの「好き」という気持ちに素直になって、
行動していくことです。

そして、相手とすぐに恋人になるのではなく、
しっかりとコミュニケーションをとって深い話ができるようになっておきましょう。

特に30代以降の恋愛は、「コミュニケーション」は必須です。

まず、自分に素直になって片思いの相手と会話をしていきましょう!

 

 

いつも婚活が上手くいかない女性は以下の無料で受けられる
婚活偏差値テストを受けてみてください。

[EQ診断テスト]