男が心を開く女になる会話術|ありのままの自分を認めてくれる女を愛する
【初めての方は以下のページよりお読みください】
【全体目次】30代で好きな男に一生愛される女になる方法→

 

この記事でもご紹介しましたが、

自分を1番にしてくれて、自分を認めてくれる最大の味方となる女性が現れた時、

「女神」だと男性は思い、その女性を「一生離したくない!」と強く思うようになります。

 

その時の男性心理と本能については、この記事をもう一度、熟読してみてください。

 

 

つまり、30代のあなたが男性に本気で愛されるには、男性に「彼女は自分の1番の味方」「自分の最大の理解者」であると思わせる必要があります。

 

そして、そう思わせるには1にも2にも「会話力」が重要だとお伝えしてきました。

 

この会話力を身につけると、この記事でご紹介したミチコのように、
どんなタイプの男性であっても、あなたに夢中にさせる事が可能となります。

 

では、早速、男性を夢中にさせる「会話力」について見ていきましょう。

 

 

男性は「ありのままの自分」を受け入れてくれる女を愛する

 

あなたが男性に本気で惚れられるには、

男性に「彼女は自分の1番の味方」「自分の最大の理解者」であると思わせる必要があります。

 

 

それには、男性が「ありのままの自分」を、あなたに対してさらけ出す必要があります。

 

 

この、「ありのままの自分をさらけ出す」とは、

男性が「話したくない事」「できれば隠しておきたい事」を話すという事です。

 

 

ですからあなたは、まず、男性に「話したくない事」「できれば隠しておきたい事」
を話してもらわなければなりません。

 

 

ですから、女を意識させる前にここでもご紹介しましたが、男性と「友人」になる必要があるのです。

 

 

なぜなら、人は、信用できる友人や親友にしか「自分の話したくない事」は話さないからです。

 

 

 

どうしたら、男性は話したくない話しをしてくれるの?

 

私は、20代前半の頃にキャバクラのお店の体験入店に何度か行った事があります。

 

でも、正直、それを他の女性に話すと引かれてしまったり、嫌われてしまったりするので、

できれば「隠しておきたい過去」になります。

 

 

そんな中、私は、みゆきちゃんという女の子とバイト先で仲良くなり一気に親友になりました。

 

 

私は、その場の雰囲気もあって、まだ会って間もないみゆきちゃんに、

 

「私、キャバクラに体験入店した事がある」

 

と勇気を持って打ち明けました。

 

すると、みゆきちゃんも…

 

「実は、私も同じ経験がある。性格に合わなくて、すぐに辞めちゃったけど。」

 

と話してくれた上に、

 

「うちの家庭すごく、複雑なんだよね…。お父さんは養父で、妹も父親違いでさ…」

 

と、みゆきちゃんも、話したくはない過去を私に話してくれたのです。

 

 

お互いに、「話したくない過去」を話したので、お互いに信用でき、その後、何でも話せる親友になりました。

 

この話を聞いて、勘の良い方は気づいたかと思いますが、

 

 

相手に「話したくない話し」をさせるには、「信用される」事が最も重要です。

 

 

そして、信用されるには、自分が「話したくない話し」をする事が重要になります。

 

 

とは言え、初めて会った男性、もしくは会って間もない男性に、

私や、みゆきちゃんの言ったような「重い話したくない過去」を話すのには抵抗がありますよね?

 

そこで、

 

無理に話したくない過去を相手に伝える必要なく、相手に「信用してもらう」方法があります。

 

 

 

それは、ありのままのあなたの情報を相手の男性に伝えるという事です。

 

 

とは言え、多くの女性がこれと真逆の事をしているからこそ、

いつまでたっても男性に信用してもらえないのです。

 

 

あなたは、男性によく見られたいからと、「いい女」ぶってはいませんか?

自分に仮面を被って、相手と接していないでしょうか?

 

 

そんな事をしてばかりだと、男性に嫌われることもないですが、興味を持たれることもありません。

そして、「友達になりたい」とすら男性に思ってもらえないのです。

 

 

 

では、どうすれば、「ありのままのあなたの情報」を男性に伝える事ができるのでしょうか?

次の記事で見ていきましょう。

 

30代から「運命の恋」に出会う会話術

・年齢・外見関係なく男性の心を掴む恋愛マニュアルはこちら→
・マニュアル完全版「人に好かれる会話術」はこちら→