婚活パーティー何を話せばいいの?【婚活で男心を掴む3つの会話術】
30代から好きな人に本気で愛されたい方はこちら>>



 

婚活パーティーに行って、「何を話せばいいのか分からない」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

 

しかし、「何を話せばいいのか分からない」という悩みを深掘りしていくと、

「何を話せば、男性に選んでもらえるのか?」「何を話せば男性にモテるのか?」

ということで悩んでいる婚活中の女性が多いことが分かります。

 

この記事では、婚活パーティーでただ「盛り上がる話題」をお伝えするのではなく、婚活パーティーで何を話せば男性にモテるのか?具体的にご紹介していきます。

 

【この記事を見ると以下のような効果が期待できます】


・婚活パーティーで選ばれるようになる
・婚活以外でもモテるようになる
・友達との会話も盛り上がるようになり人気者になれる

婚活パーティーで何を話せばモテるのか?

婚活パーティーで何を話せばモテるようになるのか、具体的な流れをご紹介していきます。
まずは、男性心理を理解しましょう。

 

1.男性心理を理解しよう

婚活パーティーの「会話」で、男性の心を掴むのは極めて簡単です。

まずは、男心を掴むために以下の2つのポイントを抑えましょう。

1.相手と相手の話に興味を持つ
2.相手に気持ち良く喋ってもらう

まず、1つ目のポイント「相手と相手の話に興味を持つ」ことですが、多くの人ができていないポイントです。

例えば、男性の趣味の話になったとします。

 

「僕は、野球が好きです。」と男性が答えたとき、あなたは「そうなんですね。」だけで会話を終わらせていませんか?

 

相手や相手の話に興味を持っていれば、

「学生時代に部活で野球部だったんですか?」
「どこの野球チームが好きですか?」
「どの選手が好きなんですか?」

など、野球好きでなくても、会話を続ける「質問」が出てくるはずなのです。

 

婚活パーティーでは、お互いに初対面です。
どちらかが、「相手に興味」を持たなければ会話は盛り上がりません。

であれば、まずはあなたが相手に興味を持つことからはじめてみましょう。

その流れで、2つ目のポイント「相手に気持ち良く喋らせる」ことができれば、婚活パーティーの会話は制したも同然です。

婚活パーティーでモテる女性というのは、「彼女ならイケるかも?」と、男性に思わせることのできる女性です。

あなたが、相手に興味を持って話を聞いてあげることで、男性は「彼女なら、イケるかもしれない」と思います。

また、男性に気持ち良く喋らせることができれば、男性は「あなたと話していると楽しい」と思うので、「もう一度、会いたくなる」のです。

さらに、自分の会話を聞いてくれることで、男性の「承認欲求」が満たされるので、男性は「彼女なら僕を認めてくれるかもしれない」と期待します。

結局、男性は自分を認めてくれて、さらに手に入る可能性が高い女性を好きになります。

 

ですから、婚活パーティーで何を話すのか?悩む前に、以下の2つのポイントを抑えておくことが重要なのです。

1.相手と相手の話に興味を持つ
2.相手に気持ち良く喋ってもらう

2.男性に信頼してもらう

先ほど、「相手に気持ち良く喋ってもらう」ことがモテるには重要だとお伝えしました。

モテ本などにも、「男性の話を良く聞くことが大切」だと書かれていることも少なくありません。

しかし、男性の話を聞くばかりではモテません。

 

何故なら、あなたを信頼していない状態では、ほとんどの場合、男性は「浅い話」しかしないのです。

 

男性にモテるためには、「男性に気持ち良く喋ってもらう」ことが重要だとお伝えしましたね。

 

男性が、「あー話していて楽しいなぁ」と思うには、自分の感情を表現するような「ある程度深い話」である必要があります。

そして、ある程度、深い話をするには「あなたを信頼する」必要があるのです。

 

では、婚活パーティーという場所で、あなたを信頼してもらうにはどうすればいいのでしょうか?

 

あなたは、こんな経験をしたことはありませんか。

 

あなたが、ある友達に「秘密」を打ち明けてから、一気に、その友達と打ち解けて仲良くなったという経験です。

 

秘密でなくてもいいですが、あなたの過去の恋愛の話・兄弟の話などのプライベートの話などをすることで、一気に仲良くなったという経験をしたことがある人は多いかと思います。

 

 

人は、「相手が自分の情報(プライベートな話など)」を自分に教えてくれたときに初めて、相手のことを信頼します。

 

そして、「ああ、この人なら自分のことを喋ってもいいな。」と思うのです。

ですから、婚活パーティーで、男性に信頼してもらうには、まずあなたが自分の情報を相手に伝えることです。

 

例えば、あなたが喋るのが苦手であれば、「わたし、あんまり喋るのが得意じゃないんですけど」と自分の弱みをあえて男性に伝えてみると、相手も、「実は僕も…」とあなたに心を開きやすくなります。

また、「わたしはランニングが好きでいつも休日は走ってるんですけど」と、まず自分の趣味を言った上で、相手の趣味を聞いてあげると、相手も話しやすくなります。

 

婚活パーティーだからと「カッコつける」のではなく、「自分はこんな女ですよ」と最初に教えてあげることが信頼されるポイントです。

とはいえ、あなただけ喋るのはNGです。

会話のキャッチボールができる5:5もしくは、あなた4、相手6くらいの割合が婚活パーティーではモテます。

3.男性にあなたの魅力を会話で伝える

あなたは、これまで好きな人に好かれずに、どうでもいい男性に好かれたことはありませんか?

ではなぜ、どうでもいい男性に好かれるのでしょうか?

その答えは簡単です。

あなたが、カッコつけずに「ありのままの自分」でいるからです。

実は、ありのままのあなたにこそ、男性を惹きつける魅力があります。

 

そのことに気づいていない女性が多すぎるために、好きな人の前では「いい女」を演じてしまって、結果的に愛されないという結果になってしまうのです。

婚活パーティーでも、いい女を演じることなくリラックスした状態のあなたであればあるほど、男性にあなたの魅力が伝わります。

 

これまで3つのポイントをご紹介してきましたが、詳しい内容は以下のページにまとめてありますので、是非、ご覧ください。

さらに、実践的な会話術が知りたい方は、「人に好かれる会話術」をご覧ください。

わたしはこの会話術を見て、婚活パーティーで毎回1位・2位の人気を誇るようになり、年下の男友達が増えました。

ただし、会話術を実践して変わる勇気がある人でなければ、読んでも意味がありませんので、自分を変える勇気のある方だけご覧ください。

人に好かれる会話術詳細はこちら→

30代から「運命の恋」に出会う会話術

・年齢・外見関係なく男性の心を掴む恋愛マニュアルはこちら→
・マニュアル完全版「人に好かれる会話術」はこちら→