脈なしを逆転させる方法はたった1つ|男性に人として好かれる事が最重要!

突然ですが、あなたが好きな男性を

脈なしから、脈ありへと逆転させるたった1つの秘密をお伝えします。

 

この秘密を知っているのと知らないのとでは、

あなたの恋愛人生に雲泥の差が出てしまいます。

 

そのくらい、「相手を惚れさせる効果的」な方法なのですが、

実は、あなたも言われたら

「ああ、言われたら確かにそうだな。」

と思うほど当たり前の事なのです。

しかし、多くの人が恋愛になると、その当たり前の事が見えなくなってしまいます。

まず、あなたがこの方法をマスターすれば以下のようなメリットがあります。

この方法をマスターすると…

・脈なしに見える男性でも、逆転できる

・好きな男性から告白される

・外見にコンプレックスがあっても男性に本気で惚れられる

・年齢など関係なく相手の男性に惚れられる

・好きな男性意外にもモテるようになる

・女性からもモテるようになって人気者になる

などたくさんのメリットがあります。

では、どうすれば脈なし男性をあなたに惚れさせて逆転させる事ができるのでしょうか?

それは…

「人間として好かれる事」

です。

え?そんな事?

と思ったかもしれません。

しかし、脈なしであればあるほど

「人間として好かれる」

事が逆転するために最も重要なポイントとなります。

逆に言えば、あなたが脈なしだと感じているのなら、

彼は、あなたを人として好きでもない・興味もないという事。

ですが、安心してください。

あなたの魅力を相手に伝える事ができれば、

彼もあなたを人として好きになってくれます。

そして、いつの間にか告白されるまでに愛されることになります。

なぜ、人として好かれる事が重要なのか?

まず、人が恋に落ちるには2つの種類があります。

1つ目は、一目惚れのような「相手の外見的要素」からの恋愛。

2つ目は、相手の内面を良く知ってからの「相手の内面的要素」からの恋愛です。

とは言え、あなたがどんなに美人で若かったとしても、

男性には「自分の好みのタイプ」がありますから、一目惚れから恋がスタートすることは基本的にほとんどありません。

また、男性の中には女性を外見だけで好きになれないタイプも数多く存在しています。

ですから、男性が特定の女性に本気になるケースは、

2番目の「相手の内面的要素」からスタートする恋愛となる事が多いです。

そして、「人間として好かれる」ということは、この2番目の恋愛スタートに当てはまります。

相手の内面を知って好きになる場合、あなたは彼に自分の人間的な魅力を伝えて

人として好かれる・人として興味を持たれる事が重要になる事がお分りいただけたでしょうか?

人として好かれる事ができれば、脈なしを脈ありに逆転させることはさほど難しいことではありません。

でも、どうしてそんなに人間的に好かれる事が重要なの?

例えば、あなたが「そこそこイケメン」だと感じる男性と合コンで出会ったとします。

特に、あなたのタイプの男性ではありませんが、「アリ」だなと思える男性です。

一方で、合コンで出会った同じ男性の「そこそこイケメン」と職場で出会ったとします。

彼とは1年間、一緒に働いて、相手の性格も良く知っています。

さて、あなたが2人の男性に告白されて付き合うのはどちらの男性でしょうか?

2人とも同じ男性で、「過ごした時間」に違いがあるだけです。

恐らく、ほとんどの女性が職場で出会った男性の告白にOKするのではないでしょうか?

ここでのポイントは、「過ごした時間」ではなく、

長く相手の男性と関わってきたことによって、「相手の内面」を知り、

「人間として素敵だな」と思ったことにあります。

人は、どんなに顔がタイプでも、相手のことを知らないとなかなか好きにはなれません。

それは男性も同じで、年齢を重ねるごとにその傾向は強くなります。

ではどうやって、相手に魅力を伝えていくのか?

では、どうすれば相手にあなたの魅力を伝えられて
相手に「人として好かれる」事ができるのでしょうか。

多くの女性は、好きな男性が出来ると、

・好意があるようにアピール

するなど「女を意識させる」アプローチをしがちです。

確かに、あなたが彼のドンピシャのタイプであったり、
女性にアプローチされてすぐ好きになるタイプの男性であれば、
そのアプローチは有効です。

しかし、あなたの事がそこまでタイプではなかったり、
そもそも「女アピールされるのが嫌い」な内面重視の男性からは、
女性から女を意識させるアプローチをされると、逆に嫌いになってしまうこともあるのです。

ですが、「人間的に好かれる」事が出来ていれば話は別です。

そして人間的に好かれるためには、「会話」が最重要ポイントとなります。

では、どうすれば人として好かれる会話が出来るのか?

早速見ていきましょう。

今日からできる人として好かれる会話術とは?

あなたは好きな人に好かれようとして、「聞き上手」になろうと、必死で質問ばかりしたり、
「うん、うん」などと黙って話を聴いてはいないでしょうか?

しかし、残念ながらそれでは、あなたの魅力は相手に伝わりません。

男性が、あなたに魅力を感じたり、あなたともっと一緒にいたいと思うような会話とは、

「深い話ができるかどうか?」

にかかっています。

なぜなら、人は「深い話」が出来ると「楽しい」と感じ、深い話ができる人と一緒に居たいと思うようになるからです。

あなたも、職場で上っ面の話をしているだけの同僚と、
なんでも話せてしまう親友。

どちらと一緒に居たいと思いますか?

恐らく、親友と一緒に居たいのではないでしょうか。

親友だから一緒に居たいと思うのではなく、

深い話が出来て心をお互いに開いているからこそ、一緒に過ごす時間が楽しく、結果的に親友となっているのです。

では、実際にどうすれば深い話が出来るのでしょうか?

言葉から連想して深い話をする

例えば、好きな男性と会話をしているときに、こんな会話の流れになっていませんか?

彼:俺、釣りが好きなんだよね。

あなた:そうなんだ。他に、趣味とかあるの?

彼:うーん。後は、サッカーとかするかな。

あなた:そうなんだ。じゃあ、好きな食べ物は?

一見、話が続いているように見えますが、

話が飛び飛びで全く深い話になっていません。

相手の男性も、そのうち「尋問」のように感じ会話が苦痛になってくるでしょう。

好きな男性と深い話をするには、「連想ゲーム」のように言葉から連想しましょう。

連想した場合、以下のような会話の流れになります。

彼:俺、釣りが好きなんだよね。

あなた:そうなんだ。休みの日はよく釣りに行くの?

彼:うん。週末は、だいたい釣り仲間と出かけてるよ。

あなた:へー。どんな魚が釣れるの?

彼:時期にも寄るけど、鯖とかタイとかいろいろだよ。

あなた:えータイとかも釣っちゃうの?すごい!

いかがでしょうか?

この場合、彼の好きな「釣り」の会話を深掘りしているため、

会話が弾み、彼自身も好きな趣味の話をたくさん聴いてくれるので、

あなたと話ていて「楽しい!」と思うはずです。

そして、「また、あなたと話たい!」という気持ちになっていきます。

しかし、これだけではまだ「相手を惚れさせる」レベルには達していません。

・好きな男性にデートに誘われる

・好きな人があなたから離れられなくなる

・好きな人があなたにベタ惚れになる

そのレベルに達するには、

あなたが「自分自身」の事を彼に話していく必要があります。

その詳しい方法については、

 

人に好かれる会話術

の中で紹介されています。

あなたも「会話術」をマスターして、
脈なしの男性を脈ありに逆転させ、心底惚れさせてしまいましょう!