好きだけどLINEを返さない・返信が遅い6つの男性心理

好きな男性から、なかなかLINEが返ってこない。
もしかして脈なしなのかな?
と考える女性も多いのではないでしょうか。

佐藤佐藤

婚活で出会った良い感じの男性から、なかなかLINEが返ってこなくてモヤモヤします。

婚活マスターみゆき婚活マスターみゆき

LINEが返ってこなくても、すぐに脈なしだと判断するのは早いです。
ここでは、好きだけどLINEを返さない・遅い6つの男性心理をみていきましょう。

好きだけどLINEを返さない・遅い6つの男性心理

LINEを返さない男性心理1:面倒くさい

男性は基本的に、LINEやメールなどの連絡ツールを
「ただ用件を伝えるもの」だと考えています。

一方で、女性はLINEなどの連絡ツールは好きな人との仲を深める
重要なコミュニケーションツールだと考えているので、両者に「誤解」が
生まれてしまうのです。

その為、好きな人からのLINEがくるのは単純に嬉しいのですが、
「面倒臭い」という思いの方が強すぎて、自分が暇な時に返信しようと
考えている人は少なくありません。

女性でも、LINEが面倒臭いと考える人は多いですが、
女性の場合は、もともと「会話」が得意な脳をしているので、
同性からの「今日はカフェに行ったよ」などの結論がない内容のLINEでも
簡単に返信することが出来ます。

一方で、男性の場合は会話が苦手な脳をしています。
ですので、「今日はカフェに行ったよ。」といった内容のLINEをもらうと、
「だから何?僕にどんな回答を求めているの?」
と男性は、回答を考えるのも面倒になってLINEを返さないケースは
少なくありません。

LINEを返さない男性心理2:LINEの重要度が低い

男性の中には、LINEを「お手紙」のように考えている人も少なくありません。

LINEは、自分の好きな時に見て好きな時間に返すのが当たり前で、
返信が遅くて文句を言われる筋合いはない。

そう考えている人も意外と多いです。

このように、LINEの重要度が自分の生活にとってさほど、重要ではない
と考えている男性の場合は、LINEを返さないこともあります。

LINEを返さない男性心理3:忙しい

女性は、1度に複数のことをこなせるマルチタスクの脳だと言われています。
一方、男性の場合は、1度に1つのことしか出来ないシングルタスクの脳です。

男性がTVを見ていて、女性が話しかけると男性は上の空で、
女性は「ちゃんと話を聞いてよ!」と怒りたくなりますが、そもそも
男性と女性の脳のつくりが違うので仕方ないことなのです。

ですから、男性は仕事や趣味に夢中になっている時や、
忙しい時には、あなたからのLINEは後回しになってしまいます。

特に男性にとっては、「仕事」が最優先ですから、
どんなにあなたのことが好きでも、忙しくてLINEを返せない事は多々あるのです。

LINEを返さない男性心理4:独自の生活リズムがある

その人には、その人の生活リズムがあります。

例えば、仕事が朝9時から夜9時まで仕事の男性の場合、
LINEの返信は、リラックスしている夜10時以降にしている
と独自の生活リズムを持っています。

また、中には深夜にLINEを送るのは迷惑だと考えて、
朝に返信をする男性も少なくありません。

あなたの生活リズムと彼の生活リズムが合わない場合は、
「返信がない」「返信が遅い」と悩む事でしょう。

しかし、それは彼との生活リズムや考え方の違いがあるだけなのです。

LINEを返さない男性心理5:駆け引きしている

男性は女性と違って、恋愛については「ストレート」です。
とはいえ、中には恋愛で駆け引きしてくる男性も存在します。

女性と同じようにLINEを返さなければ、気にしてくれるかな。
LINEの返信が遅いと、自分のことを考えてくれるだろうか。

と思って駆け引きしているのです。

LINEを返さない男性心理6:好き避け

多くの男性は、好きな女性ができれば草食・肉食系男子
の違いはありますが、ストレートに好意を伝えてくるものです。

ですが、相手の男性がプライドが高く傷つきやすいタイプだったり、
あなたと彼が職場の上司・部活などの関係の場合、好き避けをする
男性も少なくありません。

好き避け男子の場合、LINEを返さない・わざと返信を遅くすることをしますが、
その理由は、駆け引きする男性とは違います。

駆け引きする男性は、「自分を好きになって欲しい」という気持ちで駆け引きしています。

好き避けする男性の場合は、「自分が、彼女に夢中になっていると知られなくない」
「好きバレして、嫌われたくない」といったものが理由となります。

好き避けする男性の場合は、LINEの内容もそっけないケースが少なくありません。

LINEが返ってこなくて不安になったり、それによって恋愛が上手くいかない女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。恋愛傾向を数値化して分析してくれるだけでなく
婚活偏差値まで教えてもらえます。

[EQ診断テスト]

 

 

また、こちらの記事も役に立ちます。

LINEの返信が遅くてもこれなら脈ありサイン?

脈ありサイン1:写真付きのLINEを送ってくる

男性は、LINEを「用件を伝える」ツールだと考えています。
ですから、何の意味もなくあなたに写真を送ってくる場合、
そこには「好意」が隠されています。

 

 

旅行先で、「今日は、〇〇に来たよ」と写真付きで
報告してきたりすることが多いのであれば、あなたと関わっていたい
という気持ちの現れです。

 

よく写真付きでLINEを返してくれる男性は脈あり度が高いです。

脈ありサイン2:用事もないのにLINEしてくる

先ほど、男性はLINEを用件を伝える時にしか使用しないとお伝えしました。
その為、用件もないのにLINEをしてくる場合は脈ありです。

例えば、「おはよう」「おやすみ」といったLINEが来たり、
「今日は、仕事忙しかった。疲れた」といったような女性が
送るような内容のLINEがくれば脈ありです。

特に、おはよう・おやすみLINEを送ってくる男性の場合は、
もう既にあなたと付き合っている感覚でいるかもしれません。

脈ありサイン3:LINEを続かせようとしている

基本的に、男性はLINEを面倒だと考えています。

そんな中で、あなたとの会話が終わっても、
「そういえば・・・」などと、会話を出来るだけ続けようとしている場合は脈ありです。

あなたと出来るだけLINEを続けていたいので、
必然的に「質問」が増えることも多いでしょう。

なんだか、いつも質問してくれる。
なかなかLINEが途切れないなと感じたら、脈ありサインです。

脈ありサイン4:具体的なお誘いがある

男性がLINEをあなたに送り続けるのには目的があります。
それは、あなたとデートしたい、あなたと付き合いたいという目的です。

ですから、男性は不得意なLINEを頑張ってあなたにアプローチをかけるのです。

LINEを使って、男性側もあなたの脈あり度を図っています。
そして、「いい感じ」だと思えば、話の流れからデートなどの具体的なお誘いがあるでしょう。

出来るだけ会話を続けたがるのも、
デートに誘うきっかけが欲しいというのも1つの理由です。

LINEで、2人きりで会うデートの約束などが増えてきたら
脈あり度の可能性は大です。

LINEが返ってこなくても焦らないこと!

女性の中には、1・2時間LINEが返ってこないだけで不安になる人も少なくありません。

そこまで短時間で不安にならなくても、
お昼にLINEを送って夜遅い時間まで返信がないと不安になりますよね?

しかし、女友達で考えてみてください。

忙しい・LINEがあまり好きでない友達の場合、
遅い時間に返信が来たり、朝方まで返信がないケースは多いのではないでしょうか?

男性の中には、確かに仕事中もこまめにLINEを返す人もいます。
しかし、ほとんどの男性は仕事に夢中でLINEの返信は後回しです。

特に残業が多いなど忙しい男性の場合は、
夜遅くに帰宅する場合も多く、どうしても返信が夜遅くや朝方になって
しまうのはよくある話です。

ですから、1日ほど男性からlineが返ってこなくても「脈なし」だと
落ち込まないようにしましょう。

ただし、よほどの理由がない限り、好きな女性に対して
2〜3日後にLINEを返す男性はあまりいませんので、1日を目安に
脈あり・脈なし度をチェックしてもいいかもしれません。

好きだけどLINEを返さない・遅い男性は多くいる!

相手の女性が大好きだけど、LINEをすぐに返さない男性は少なくありません。

女性の場合は、1度に複数の事を同時進行することができます。
例えば、仕事中でも女性は、仕事・家庭の事・好きなことなど
様々な事を考えながら行動できるのです。

ですが、男性の場合は1度に1つのことにしか集中できません。
仕事中は、仕事の事しか考えられないのです。

この男女の脳の違いを知らないと、女性は辛く悲しい思いをしてしまいます。

男性は、忙しい時にはLINEは返せませんし、
女性と違ってLINEは得意ではないので、内容を考えるのに時間がかかることもあります。

あなたのことが好きな男性でも、忙しい時には1日ほど返信できない人は意外と多い
と覚えておくと、恋愛を楽しむことが出来ます。

婚活中の男性からLINEがこないという女性は、
以下の無料・婚活偏差値テストを受けてみましょう。

[EQ診断テスト]